0と1の世界で1番を目指す無駄に背が高い男(システムエンジニア)の徒然日記

無駄に背が高いSEの徒然日記

挑戦せずにあきらめることはできない?『チームワーク』 →ナレッジマネジメント | main | 挑戦せずにあきらめることはできない?『責任』
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
挑戦せずにあきらめることはできない?『チームワーク』
(「Software Poeple」の特集の中;から)
バスケットボールの神と呼ばれるマイケル・ジョーダンの著書より
成功の原則6つ

・目標
・恐怖心
・責任
・チームワーク
・基本
・リーダーシップ

*************************************************

『チームワーク』
「能力があれば、(単発の)試合に勝てるだろうが、(長期的な)チャンピョンシップに獲得する(最終的な勝利)には、チームワークと明晰な字脳が必要だ」(私的解釈含む)

ジョーダンの所属するWashington Wizardsは、ジョーダンの素晴らしいプレイとともに統制のとれたチームだという。刻々と変化するゲームの状況に合わせて、各プレイヤーが自分の役割を果たしながら、フォーメーションを変えていく。

プロジェクトは、ゲームと似ているところがある。
プロジェクトの状況は状況は常に変わっていく。
トラブルを起こしているプロジェクトには、プロジェクトメンバーがひとつの動きを取れていないという共通点がある。

・開発プロセスの属人化
・成果物の品質が個人レベルでバラバラ
・共有すべき情報の共有化ができておらず、特定の個人が握っている

「チームメンバー全員が、自我を捨ててチーム全体のことを考えて行動するということを理解するにはかなりの時間が必要だった」とジョーダンも述べている。バスケットボールの世界では、結果だけに注目して、その結果に至る過程を軽視する傾向があるので、こうした努力を続けることはつらいとも語っている。

ソフトウェア開発においても同様のことが言える。
個人的にはいろいろな思いがあるかもしれないが、
プロジェクトに所属した異常、メンバーの一人として与えられた役割を責任もって果たすという姿勢が求められる。どんなに優れた能力の持ち主でも一人でプロジェクトを成功させることはできないから。

***************************************************
・一人ひとりが自分の責任と能力を自覚すること
・チームの全員が自分の責任を果たすこと

↓↓↓メモ↓↓↓↓↓
大学のころから勉強しているナレッジマネジメントを感じた。
また別記事として書く。
スポンサーサイト
| IT | 23:00 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://01world.blog8.fc2.com/tb.php/90-e9c2f4a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

足跡
プロフィール

hide

  • Author:hide
  • 無駄にでかい男

twitter colorblock
最近の記事
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
家電トークブログパーツ

かなり後発のSNSだが他のサービスも含めて

かなり後発のSNSだが、同会社がBlogから無料HPスペースからなんでもやっていて特に最近勢いがある。他のサービスも含めて注目度大。それにSNSが相乗効果を...→詳細日記

レンタルサーバーもデフレの時代

レンタルサーバーもデフレの時代。もう値段で比較するのは難しい。他に比較する点にはサービスが充実、サーバの安定度。あまり有名ではないがかなり前から低価格にも関わらず、安定したサービスを提供している会社だ。サービス内容もそうとうな玄人でない限り問題ない。何より月125円はとてつもなく安い。中途半端に無料で変なバナーを入れられてデータが消えても仕方がないという無料サーバを借りるぐらいならジュース1本我慢してここを借りたほうが断然いい。

転職した経験から
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク

RSSフィード
ブログ内検索

---

cocomment

track feed

FCアクセス解析

FCアクセス解析
ロリポップ!:ここだけのHTMLがわからなくても簡単にHPが作れちゃう機能付。激安HPホスティング263円/月
さくらインターネット:激安HPホスティング125円/月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。